滋賀県近江八幡市のにしはら耳鼻咽喉科では、患者さん一人一人にあった診断と治療を行っています。 当院開院以来の理念である「的確な診断と治療」を心がけ、地域医療に貢献していきたいと思っています。

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)

副鼻腔と呼ばれる鼻の穴の周囲にある大小の空洞が炎症を起こし、膿が溜ってしまう病気です。

症状としては鼻がつまる、黄緑色の鼻汁が止まらない、のどに鼻汁が下がる、歯(頬部)が痛い、頭が重いなどがあります。

子供の場合はあまり訴えがなく、口呼吸・いびき・はなすすり・鼻血・咳が続く・のどを鳴らすなどで、本人よりご家族の方が気づくことも多いようです。耳の症状(痛み、難聴)で気づくケースもあります。

アレルギーと合併していて、クシャミ・鼻水が目立つタイプや、鼻茸といって鼻の中にポリープのようなものができるタイプなど色々あります。
最近では非常に有効な薬も開発されています。内視鏡を使い鼻の中からする手術法も盛んになってきており、以前は大掛かりな手術でしたが、そのような手術法は激減し、患者さんの負担の少ないものになっており、当院でも日帰りで施術しています。
余り慢性にならないうちに診察を受けて、適切な治療を受けることが大切です。はな風邪か、鼻炎か、蓄膿症か悩んでいる方は自己診断をせずに、早めに耳鼻咽喉科の診察を受けられることをおすすめします。

クリニック情報

診療時間
午前 9:00~12:00
午後16:00~19:00

※受付時間:診療時間の開始30分前から受付できます。

休診日水曜午後・土曜午後・日祝

〒523-0898
滋賀県近江八幡市鷹飼町南3-5-8 OHプラザ一番館
お気軽にお問い合わせください。

JR東海道線・近江鉄道八日市線

近江八幡駅 南口より

徒歩3

PAGETOP
Copyright © 2018 にしはら耳鼻咽喉科 滋賀 All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】