滋賀県近江八幡市のにしはら耳鼻咽喉科では、患者さん一人一人にあった診断と治療を行っています。 当院開院以来の理念である「的確な診断と治療」を心がけ、地域医療に貢献していきたいと思っています。

乗り物酔い

乗り物酔い

乗り物酔いは、船やバス・電車・飛行機などに乗っている時に顔面蒼白になり、吐き気や冷や汗が出たり、脱力感や無力感、無気力、思考力の低下、ひどい時には嘔吐などといった症状が現れます。

一般的に乗り物酔いは子供に多くみられる症状です。
3、4歳頃から症状があらわれて、年齢とともにその割合が増加していきます。小学校高学年から中学生時代にピークに達し、徐々に減少していき、20歳を過ぎるとさらに少なくなりますが、40~50代になると再び乗り物酔いになる人が増えます。
中高年以降に発症する乗り物酔いには、子供の乗り物酔いとは別の原因が潜んでいることもあります。

乗り物の振動や加速、体の傾斜などの刺激は内耳にある三半規管でとらえられます。頭の位置と目から入る情報がズレ(頭と眼球の位置情報のズレ)て混乱すると乗り物酔いが起こります。

こうした情報のズレに慣れ、対処法を体が学習することで解消していきます。また、予防法としては寝不足や空腹、車中での読書、急発進・急ブレーキを避けることが大切です。他には、不安感を与えない、楽しく過ごす、酔い止めの薬を飲んで乗るということも大切です。
そして日頃から、平衡感覚を養うことも効果的です。乗り物酔いの薬は自律神経の興奮を鎮める抗ヒスタミン剤が中心です。乗り物酔いでも、内耳や眼球の動き、もしくは脳などに原因がある可能性もありますので、重症の場合はなるべく検査をして頂くことをおすすめします。

クリニック情報

診療時間
午前 9:00~12:00
午後16:00~19:00

※受付時間:診療時間の開始30分前から受付できます。

休診日水曜午後・土曜午後・日祝

〒523-0898
滋賀県近江八幡市鷹飼町南3-5-8 OHプラザ一番館
お気軽にお問い合わせください。

JR東海道線・近江鉄道八日市線

近江八幡駅 南口より

徒歩3

PAGETOP
Copyright © 2018 にしはら耳鼻咽喉科 滋賀 All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】